読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JALで旅をする。

旅の記録です。JALが中心ですが過去はそうでもない。いつもぼっち一人旅だけど頑張る!

JGCプレミア修行第6回:2016年9月8日(木)~11日(日)バンコク2泊4日・その5。

 

バンコク旅再開です。

 

この日は観光と言うことでワット・ポーと王宮に行きます。

 

まずはワット・ポー。

調べたところ、水上バスで行くのが簡単そうなので、まずは船着き場の最寄りの駅まで行きます。

 

ルートはこちら。

f:id:moulin_ham19:20160917210444j:plain

ホテル最寄りのアソーク駅からBTSでサパーン・タクシン駅へ行きます。路線が変わるので一度乗り換えます。特に難しいことは無し。

 

平日の朝と言うこともあって電車はかなり混んでました。

 

サパーン・タクシン駅に着いて少し歩くとすぐに船着き場があるのですが、船にはいくつか種類があります。船に付いている旗の色で運賃などが異なるのですが、船着き場の入り口には揃いの青いTシャツ?ポロシャツ?を着たおっちゃんおばちゃんが大勢いて窓口に誘導されます。言われるがまま紙に書いた行先を見せてチケットを買ってしまったのですが、これが失敗でした。この窓口は青旗の船のチケット売り場で、観光客用の片道40バーツのお高い船です。自分は本当はオレンジの旗の片道15バーツの船に乗りたかったのです。

チケットを買うと船が来るまで座って待つように指示されますが、待っている間、めっちゃ気分は落ち込んでしまいました。騙されたというわけではないのですが、何の疑問も持たずにチケットを買ってしまった自分に。15バーツ45円で済むところが、40バーツ120円も払ってしまった!!!あああああ勿体ない!ってバカなの?って感じですけど。

しかしどうすればよかったんですかね?あのおっちゃんおばちゃんを振り切って、ずずっと中へ進めば良かったんですかね?正解が分かりません。

 

くそ蒸し暑い中20分くらい待って船が来たので乗り込みます。かなり大きい船でした。自分の前に座っていた中国人のおっさんがずっと地鶏じゃなかった自撮りをしていてめっちゃ気になりました。ちらちら自分も映り込んでるし。とにかく何枚も撮ってるんですよ!席が近いので前を見ると見えるのです。決して覗いたわけではないです。本当に何枚も何枚も何枚も撮ってました。あとで誰かに見せるんでしょうか。カメラロールが連写みたいになってました。

 

乗り込んで5分くらい経ってから船はようやく動きました。チャオプラヤ川って大昔に社会で習った気がしますが、詳しくは覚えてません。何の項目だったかな。残念な頭です。

f:id:moulin_ham19:20160917211826j:plain

いわゆる”死んだ川”ってやつでしょうか。

 

窓は無いので自然の風が吹き抜けますが、マスクが有ったら良かったなと思いました。すれ違う船はめっちゃ黒い煙が出てましたし、やはり空気は悪いですね。

 

目的地のTha Tienター・ティエンの反対側には、ワット・アルン。修復中。

f:id:moulin_ham19:20160917212019j:plain

ワット・アルンに行く人もここで降りて乗り換えます。おばちゃんが、ワットアルンワットアルンと叫んでましたのでそっちに行けばいいと思います。

自分は出口へ向かいワット・ポーへ。

 

 

入場料は100バーツ。冷たいお水との引換券も付いてます。

f:id:moulin_ham19:20160917212237j:plain

 

まずは何よりも涅槃仏。

f:id:moulin_ham19:20160917212530j:plain

どういうものかは知ってましたが、実際に目の当たりにするとなぜか泣けてきました。こんな心の汚い自分ですみませんて感じで。実は船の中でちょっと嫌なことがあって(対日本人)心がやさぐれていたのですが、涅槃仏を前にしたら申し訳なくて申し訳なくて。でもそんな小さなことにとらわれていた自分を恥じて、ここに来られたことに感謝しました。

 

すごく厳かで神聖な気持ちになりました。

 

f:id:moulin_ham19:20160917212741j:plain

ところで出発前にオプショナルツアーは高いからいやだ、みたいに言ってましたがすみません訂正します。

こういった絵を見てもなんのことやらさっぱりで、誰か説明してえええええ。

 

多分、仏陀の生涯とかそんな感じかとは思うのですが、もうさっぱりですね。

f:id:moulin_ham19:20160917213020j:plain

象さん。

 

f:id:moulin_ham19:20160917213045j:plain

説法中?

 

んーーーー

 

足の裏?は修復中でした。ざんねん。じっくり見たかった。

f:id:moulin_ham19:20160917213328j:plain

 

反対側に回ると、鉢がずらーーーっと並んでまして、見れば20バーツで大量の小さいコインと交換してそれをひとつひとつ鉢の中へ入れていくシステムの様。

f:id:moulin_ham19:20160917213453j:plain

 

せっかくですから私も。

セルフです。銀色のカップにあらかじめコインが入っています。20バーツを払いましょう。

f:id:moulin_ham19:20160917213502j:plain

f:id:moulin_ham19:20160917213509j:plain

あとで調べましたらこの鉢は108個、つまり煩悩の数。それが分かっていれば心構えも違っただろうにつくづく準備が足りません。しかし、コインをひとつまたひとつと落としていくとその響きにざわめいていた心も静かになっていくようでした。

 

とても良いところでした。

そしてきちんと勉強してまた来たいなと思いました。ありがとうございました。

f:id:moulin_ham19:20160917213855j:plain

 

 

無料のお水をもらい、トイレをお借りして少し休んだら、王宮へ向かいます。

(トイレはとてもきれいでしたが、紙がありませんでしたのでご注意)

 

 

その6へつづく。