JALで旅をする。

旅とマラソンの記録、時々独り言。

JGC修行第8回:2016年5月OKAーSIN1泊4日。その4(終)

 

MRTで空港へ向かいます。所要1時間くらい。空港には22時頃着。

01時50分の飛行機なので早すぎなんですが、シャワーを浴びたかったのです。

 

ステイタス餅になればラウンジで使えるのでしょうが、まだ持っていなので、有料のシャワーを借りに行きました。

 

 

ターミナル3の到着階のずーーーーーっとはじっこにある、ヘイブン。

f:id:moulin_ham19:20160626114024j:plain

シャワーは16.5ドルだったかな?

新しくてきれいな設備でした。

 

鍵持って歩いていたら掃除のおばちゃんが案内してくれました。

f:id:moulin_ham19:20160626114240j:plain

f:id:moulin_ham19:20160626114244j:plain

けっこう広いです。掃除も完璧。

冷房もがんがん効いてます。

バスタオル1枚とマットあり。

バスタオルは清潔ですが、端がほつれてぼろぼろでした。

きれいに洗濯してありますが気になる人は嫌かも。

においなど無かったので自分は大丈夫でした。

 

ここでゆっくりシャワー身支度、荷物の整理が出来ました。

時間制限など特に言われませんでした。

 

23時を過ぎてターミナル1に移動してチェックイン。

カウンターはガラガラ。

 

那覇への乗り継ぎがあることを申告。

羽田では入国後一旦荷物を受け取って、国内線で再度チェックインするよう言われました。

 

することもないのですぐ出国、前回と同じようにインフォメーションでWIFIパスをもらう。

今回こそTWGのお茶を買おうかな?と思っていましたが、どうにも欲しいと思えず、今回も何も買いませんでした。

 

搭乗口近くにあったベンチで時間をつぶしましたが、これが足が伸ばせる気持ちいい形で、うっかりすると爆睡しそうだったので、うとうとしてははっと目覚めるの繰り返しでした。一応携帯のアラームはかけてましたが、寝過ごしそうでこわいです。

 

12時半ころ搭乗口へ行くと、もう保安検査が始まっていたのでそのまま中へ。

 

中へ入ったはいいもののトイレに行きたい。

あの中ってトイレ無いですよね?

 

JMBルビーは優先搭乗が出来る・・・

エコノミーの分際で優先搭乗するなんて!!と思っていたんですが、トイレ行きたさに優先搭乗しました。ごめんなさいいいいい

でもありがとうございました。

 

 

帰りの深夜便。やはり尻が痛くて眠れない。

うとうとしては目が覚める、の繰り返しでした。

行きといい帰りといい、自分はエコでの深夜便は向いてないと思いました。教訓。

 

 

なんとか時間をやり過ごして朝食の時間ですが、内容は4月の時と全く一緒でしたw

スープストックのミネストローネ。

今回はジュースと、ちょっとフルーツを食べただけで終了。そこまで空腹じゃないし。

やはり食べない方が調子よい。

 

今回はスムーズに羽田に着陸となりました。

 

 

シンガポールでの指示通り、普通に入国。

荷物を受け取って国内線ターミナルへ移動します。

 

今度はモノレールを使ってみることに。

到着ロビーに出てすぐにあるインフォメーションで、「国内線に乗り継ぐのでモノレールに乗りたい」と言い、搭乗券を見せるとこちらをくれました。

f:id:moulin_ham19:20160626115539j:plain

これを持ってモノレールの有人改札へ行くとそのまま通してくれます。

 

 

あとは那覇まで行って戻ってくるだけ!

空港食堂でご飯を食べよう!と思っていたんですが、それはかないませんでした。

 

 

乗る予定の便が遅延している。乗り継ぎがある→時間が怪しいかもしれない。

カウンターで説明を受けて、荷物は預けない方がいい、という結論。

ここで失敗だったのがどうせ羽田に戻ってくるんだからキャリーをコインロッカーにでも入れればよかったのに、手荷物として持っていくことにしちゃったんですねえ。

馬鹿です。バカバカ!!

デブのくせに非力なので、キャリーバッグをオーバーヘッドビンに入れるのにすごく苦労するくせに!!

パニくって正常な判断が出来ませんでした。

あとは、那覇往復そのものをやめるという判断もあったかも。

うーん。正常な判断できない。

 

 

 

そして遅延のため汚職事件、ではなくてお食事券をいただきました。

f:id:moulin_ham19:20160626115901j:plain

 

那覇で食事の時間は取れないので、仕方なくこちらを使わせていただいてお弁当を購入しました。

f:id:moulin_ham19:20160626115951j:plain

 

んーーーー美味しかった、美味しかったけど温かいご飯が食べたかったよぅ。

 

 

この後那覇へ行き、結局時間はそこまでギリギリではなく、手荷物として持ち込んだキャリーは国内線乗継カウンターで預けられると地上係員嬢におしえてもらい、預けて羽田に戻りました。

 

ほんとまあバカでした。

 

最後の羽田那覇がちょっとドタバタしましたが、全体を見ると概ねスムーズにいったのではないでしょうか。

 

 

 

 

以上でした。